ユンニの湯へ日帰り温泉に行こう!-焼き鳥とランチバイキング
ユンニの湯へ日帰り温泉に行こう!-焼き鳥とランチバイキング
スポンサーリンク

うっしーくん
こんばんわー、うっしーです。
夕張郡由仁町にあるユンニの湯へ日帰り温泉に行ってきました!
ユンニの湯はコーヒー色のお湯でつるつるの肌になり、私の中では日帰り温泉ベスト3に入るくらい大好きです。
札幌から1時間程度で行ける距離なので、実はもう何十回も行ってるんですよー
スポンサーリンク

ユンニの湯の基本情報

ユンニの湯の基本情報

ユンニの湯の基本情報

 
札幌市内中心部から車で約1時間、新千歳空港からだと約30分ほどの距離にあるユンニの湯へ行って来ました。

このくらいの距離だと日帰り入浴でもゆっくり過ごすことができます。

ここの泉質は、コーヒー色のモール泉です。
ヌルっとしていて保湿効果が高いため「美人の湯(美肌の湯)」として人気のある温泉です。

食事付きのお得な日帰り入浴プランや様々なイベントを行っているお勧めの温泉ですのでご紹介いたします。
 

ユンニの湯の基本情報
住所:夕張郡由仁町伏見122
電話:0123-83-3800
定休日:不定休
営業時間:朝風呂限定 05:30~8:00
       日帰り入浴 10:00~22:00
駐車場:無料駐車場あり

ユンニの湯の利用料金

ユンニの湯の利用料金

ユンニの湯の利用料金

 
ユンニの湯では、お得な食事つきプランが人気です。
また、週末限定でしゃぶしゃぶ入浴セットやバーベキュー入浴セットなどイベントを実施している場合がありますので公式サイトのイベント情報もチェックしてみてくださいね。
 

ユンニの湯料金

日帰り入浴料金
大人 650円
小学生 350円
回数券(12枚) 6,500円

お得な食事つき入浴プラン
ランチwith湯~ 1,300円
※月~土曜日(食事時間は11:30~14:30)
ディナーwith湯~ 1,300円
※月~金曜日(食事時間は17:30~20:30)
※食事場所は軽食カウンターか休憩室

ユンニの湯へのアクセスと駐車場

 
ユンニの湯へのアクセス
車 :札幌市中心部より40Km(一般道利用で60分、道央自動車道利用で50分)
   新千歳空港より31Km(一般道利用で30分)

ユンニの湯駐車場
200台分の無料駐車場が利用できます

スポンサーリンク

ユンニの湯の泉質や特徴

ユンニの湯の泉質や特徴

ユンニの湯の泉質や特徴

 
ユンニの湯は褐色がかったコーヒー色で、とろっとした感触が特徴的。
世界的にも珍しいモール泉タイプのお湯で、保湿効果が高く「美肌の湯」として知られています。

泉   質 ナトリウム炭酸水素塩・塩化物泉(アルカリ性低張性冷鉱泉)
旧泉質名 含食塩-重曹泉
特   徴 炭酸水素イオンが多く含まれ、肌がすべすべになる事から、「美人の湯(美肌の湯)」といわれる温泉です。地下1,300mより湧き出る温泉はコーヒー色で、地下水が数千年前に堆積した石炭層に浸透してこの色がうまれていると言われています。
適 応 症 慢性皮膚病・冷え症・神経痛・筋肉痛・関節痛等
アメニティ リンスインシャンプー、ボディソープ、ドライヤー

ユンニの湯 内風呂と露天風呂

ユンニの湯では月替わりで様々なハーブ湯も楽しめます。

男女 内風呂
男女 内風呂

男性 露天風呂
男性 露天風呂

女性 露天風呂
女性 露天風呂

女性 露天風呂
女性 露天風呂

ユンニの湯は焼き鳥が美味しい

ユンニの湯は焼き鳥が美味しい
 
ユンニの湯入口の右手で焼いている焼き鳥はほんと美味しいですよ。
 

ユンニの湯 焼き鳥
ユンニの湯 焼き鳥

 
常時買えるわけではないので、もし焼いていたら絶対にお勧めです。
ただ、予約がいっぱいで買えない時もあります。

ユンニの湯ランチバイキング

ユンニの湯ランチバイキング
 
ユンニの湯のランチバイキングは、以前は週末にやっていたのですが、残念ながら最近はやっていないようです。

ただ、イベントで不定期ですがランチバイキングやしゃぶしゃぶ食べ放題、ジンギスカン食べ放題などを開催しているときもあります。
 

耳寄り情報

実はすぐ隣の「ゆにガーデン」ではランチバイキングやジンギスカン食べ放題をやっています。
※但し夏季限定です

ゆにガーデン
住所:北海道夕張郡由仁町伏見134-2
電話:0123-82-2001
営業:平日 10時~17時 / 土日祝 9時~17時

レストランメニュー

レストランメニュー

レストランメニュー

 
メニューは豊富。安くて美味しいです。
美食付きの宿泊プランもありますので美味しいのもうなずけます。
 

豚ロース肉のカツ御膳
石焼きチーズビビンバ

 
豚ロース肉のカツ御膳と石焼きチーズビビンバです。

どちらも、ランチwith湯~なので入浴代+食事でたった1,300円でした。
入浴料金が650円なので、食事代は650円ということになりますね。

軽食コーナー・休憩所

休憩所

休憩所

 
軽食コーナーや休憩所ではビールや軽食などをいただけます。

ブルーベリーソフト
ソフトクリーム

 
ソフトクリームも美味しい!

ただ、18時前に帰れる場合は、「長沼アイスの家」でソフトクリームを食べて帰るのが私の定番コースです。

ユンニの湯お土産

ユンニの湯の売店ではいろいろなお土産品を販売していますが、私が選ぶベスト4はこちらです!

ユンニの湯お土産 アップルパイ
第1位 りんごパイ 600円
由仁産リンゴのオリジナルアップルパイ

ユンニの湯お土産 かりんとう饅頭
第2位 かりんとう饅頭 540円
外はカリッ中はしっとりで絶妙な味

ユンニの湯お土産 大福餅
第3位 大福餅 350円
栗山産餅米100%週末限定手作り大福

ユンニの湯お土産 シナモンドーナツ
第4位シナモンドーナツ 550円
シナモンの風味が効いて甘さ控えめ

ユンニの湯情報まとめ

ユンニの湯 宿泊プラン

ユンニの湯 宿泊プラン

 
ユンニの湯はとにかく泉質が素晴らしい。
札幌から1時間程度なので日帰りでも十分ゆっくりできます。

宿泊プランも機会があれば利用してみたいと思います。
露天風呂付きの部屋もありますよ。
 

ユンニの湯のおススメな点

  1. 泉質が良い
  2. 日帰りでも余裕の距離
  3. 一日ゆっくりできる
  4. 食事は安くて美味しい
  5. 施設が清潔に管理されている

 

以上、「ユンニの湯へ日帰り温泉に行こう!-焼き鳥とランチバイキング」でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事